里帰りしないワンオペ育児の事前準備 ~主人への引継ぎ編~

我が家では里帰りしない&義実家にも頼らない出産をしますが一番の戦力はパートナーである主人です。主人の勤務形態は8時出勤19時帰宅、完全週休二日。世の多忙な男性と比べると比較的時間に余裕があります。

しかしまるっきりアテにしてはならないと、先達の主婦の方々から懇々と言われているので、できる範囲で家事育児を手伝ってもらえたらなと思っています。

家事、育児分担をカッチリしてしまうと産後柔軟な対応をすることができなくなってしまいそうなので、やってほしいことはざっくりとおおまかに伝えました。

スポンサーリンク

産後の家事分担

料理

朝食

今まで朝昼と私が作っていましたが産後は完全分離制にします。朝食は夫婦それぞれが食べたい時にセルフサービスで。

冷凍庫の中に食パンやごはんの冷凍があるので、それにインスタント味噌汁やスープを付けるくらいの簡単朝食。冷凍しているストックがなくなればごはんを炊いて冷凍したり、食パンを買ってくるなどの補充行為も声かけしながら行います。

昼食

主人の会社でお弁当の注文ができるのでしばらくはそれを利用。私の昼食は食品ストックから適当に食べます。

夕食

一番難しいであろうなのがココ。声かけコミュニケーション必須!

ストック食品で私が作るのか、主人に作ってもらうのか、はたまた何か仕事帰りに買ってきてもらうのかをLINEで毎日やり取りするつもりです。しんどい時は甘えて、できそうな時はせめてサラダでも作る。最低メイン1品さえあればインスタント味噌汁と白ご飯でよしとします。

ここで大事なのが台所の使い方をきちんと引継ぎしておくということ

どこの家庭も台所の管理は奥さんがしている所が大多数だと思うので、よく使う調理器具の場所や火の使い方を教えておかなければいざという時に何かを作ってもらったり温めたりを勝手にしてもらうことができなくなります。

我が家で盲点だったのがレンジの使い方で、主人は冷凍ご飯の温めはできますが、おかずの温めがいまいち分かってなかったので口頭で説明、操作して説明、更にレンジ近くの棚にマスキングテープで操作方法を書いて貼るという3重作戦でレンジを使えるようにしてもらいました。

掃除

トイレ

トイレはスタンプクリーナーを押しているので基本的に便器の掃除はカット。便座や床拭きはトイレ内の棚に常備しているお掃除シートで気付いた人がすることに。

お風呂

防カビ燻煙剤でカビ予防しているので、基本的に放置。産後1か月は夫婦どちらも浴槽には浸からないので浴槽も放置。

スポンジやマイクロファイバー雑巾でたまに蛇口等を拭いて水垢を取る。排水口の髪の毛はゴミの日にゴミをまとめる人が捨てる。

洗面所

日常の使用時に汚れが気になったら洗面所のシンク横に常備しているスポンジで掃除する。排水口の髪の毛はゴミの日にゴミをまとめる人が捨てる。

その他掃除

リビングやその他の場所のほこり取り、掃除機かけ、クイックルワイパーなどは気になった人が適当に気づいた時に。週に何回、何曜日に、誰が、と決めてしまうと負担になりそうなので気付いた人が好きなように掃除することに。

洗濯

夫婦の洗濯物(干す&たたむ&しまう)を主人の担当に。取り込む作業だけ私がします。(主人の帰宅時には洗濯物が冷えてしまうので)

子どものベビー服は様子見でしばらく夫婦の洗濯物とは別で洗うのでこれは私が担当。いずれまとめて洗濯するようになったら洗濯物は全部主人に担当してもらおうかなと思っています。

男性に洗濯を担当してもらう時にネックなのが洗濯物をしまう場所の事。元々細分化されていた衣服の収納場所をざっくりおおざっぱな収納に改めました。

例)

私の服:2Fクローゼット収納➾1Fリビングに収納用バスケットを設置、その中に放り込む。
こんなやつです↓

着る服はだいたい決まっているので、(そもそも産後におしゃれの必要がないし)最低限の着替えのみこの中に入れています。パジャマ、前開きワンピース×1、ちょっとそこまでのワンマイルウェア上下、タイツなどなど。

ゴミ出し

週二回の燃えるごみは私が集積、集めたものを主人がゴミステーションへ持っていくことに。資源ごみなどの重たいものは集積からゴミ出しまで主人におまかせ。

産後の家事分担の注意事項

※お互いの家事の仕方、仕上がりに絶対に口を出さない、批判しないこと。

埃が山になっていようが排水口にカビが多少生えていようが、あえて見ないし気にしない。完璧を求めない。

ただでさえ初産、初めての状況に気を使ってピリピリしたり情緒不安定になると思うので、喧嘩の種、特に一番大きな火種になりそうな家事のことはお互い「まあいいか」の精神でやり過ごすつもりです。

というかそもそも我が家は夫婦揃ってそれほど神経質でない、というかおおざっぱな性格なので産後も適当に折り合いをつけていけたらなと思っています。

ここらへんの気持ちのすり合わせをできれば妊娠中から夫婦でできていれば、産後いざ育児がノンストップで始まったぞ~という時に戸惑うことが少ないかもしれないです。

これらの引継ぎは実際産んでないので理想論かもしれませんが、産後の運用状況の結果は出産後にどうだったかをレポートしようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA