里帰りしないワンオペ育児の事前準備 ~リビングの部屋づくり編~

37週の正期産に入ったので、ベビーベッドを設置したり産後の部屋づくりを始めています。

我が家の間取りは1Fにリビングダイニング+1部屋、2Fに3部屋の4LDK。妊娠前は主にリビングで過ごし、寝室は2Fにありました。しかし妊娠して、お腹が大きくなってからというもの、2Fに上がることをやめました。

スポンサーリンク

1階オンリーで育児をする理由

なぜならばものすごくどんくさいから。

階段から落ちる確率が半端ないので、家族、友人多方面から階段は上るな!と注意を受けたmためです。落ちやすい理由としては、

  • 超近眼
  • トロい
  • どんくさいくせにせっかち

と様々な要因があるのですが、取り立てて2階で過ごす理由もなく、母子の安全を考えると1階で過ごすことにメリットもあるので、2階に行かない生活を始めてみました

妊娠中と産後の寝床

さて寝る場所ですが、妊娠中の現在私と主人はリビングに布団を二組敷いて寝ています。ダイニングにはテーブルがなく、カウンターのみのため布団を敷く場所が十分確保できたためです。

同じ戸建ての方のブログを拝見すると、多いのが2階の寝室で子どもと添い寝の方が多かったのですが我が家では産後はリビングにベビーベッド、その横に1組布団を敷き私が寝て、主人は2階の寝室で寝てもらうようにしようと思っています

寝室にダブルベッドがあるのでそこで3人で寝ることも考えましたが、主人のいびきがものすごいのと子どもを抱えて階段を上り下りするのに私が不安なので、しばらくはこの布陣で子育てをします。

1階にリビングダイニングとは別に4畳の部屋が1部屋あるのでそこを寝床にすれば本当は一番ベストだったのですが、いかんせん主人の趣味部屋で物が多く、かつ簡単に動かせないものだらけなので断念しました。

ベビーベッド

知人からおさがりで頂いた、60×90のミニサイズのベビーベッドはソファ横に設置しました。もし頂く機会がなければきっと買わなかったと思うのですが、個人的に設置するとものすごくテンションがあがるアイテムなのであると嬉しいグッズではあります。

ベビー布団の設置は埃を被ることを考えて、私の入院中に主人にセットしてもらうようお願いしました。なので今はただの物置に笑

授乳場所

ソファには授乳クッションとブランケット、円座クッションを置いて日中の授乳場所にしようと思っています。

主人が独身の時に購入したソファなのですが、背が高いハイソファは下に隙間があるので冬はどうしても底冷えしやすく足元が冷えるので…欲を言えばもう少しロータイプのソファや、オットマン付きのものが産後には便利そうです。

こんなやつとか。

こんなタイプとかがいいかも。

主人の居場所がなくなる…かも

さてまだ出産してないので、この状態で産後どのような感じになるのかこれで大丈夫なのか…という不安は色々と湧いてきます。

まずリビングに常に子どもがいる状態になるわけですが、そうすると主人が仕事から帰宅してリビングで夜遅くまでくつろぐということが出来ない点。

おのずと早く寝室にひっこんでもらうことになるのですが、なんかかわいそうといえばかわいそう

来客時に私の布団が敷きっぱなしなのも少しだらしない感じもあります。まあしばらくは身内以外誰も訪ねてこない&訪ねてくるとしても気心しれた人ばかりなのでそこはそう神経質になる必要はないとは思いますが。

里帰りしないからこそ部屋づくりが大事

里帰りができないのでなんとか工夫して自宅で頑張ってやっていく必要があり、工夫しようと考えるのも結構大変ですが、楽しさもあります。ちゃんと妊娠中に考えたことが産後実を結べばよいのですが…。

ワンオペ育児をしていく中で、準備をしていても予定外だったー!ということが多々出てくるとは思うのですが、今は想像力を働かせてなるべく楽な生活ができるような準備ができたらなと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA