マタニティマークへの期待はしない方がいい

マタニティマークの是非というものが取り沙汰されるようになって久しい。
妊婦があれを付けていることで得られるメリットより、デメリットの方が大きいのではないかと、実際マタニティマークを付けていた妊婦生活を過ごす中そう思いました。

スポンサーリンク

そもそもマタニティマークって何?

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

厚生労働省HPより引用

妊婦雑誌に付録の付録や病院などで貰えるマタニティマークのキーホルダー。カバンなどに付けて妊婦ということを周囲に分かってもらい、配慮をしてもらうことを目的としています。

お腹が大きくなってからは見た目ですぐ妊婦と分かるので、このマタニティマークの必要性は薄れますが、となると見た目では分からない妊娠初期~中期がこのマークの一番の使いどころと言えるでしょう。

特にその時期はつわりもあって気分も悪くなりやすく、比較的体調が良い安定期に比べて、気を配ってもらえるならばこんなにありがたいことはないのですが…いかんせん問題があると思うんです。このマーク。

小さい!

このキーホルダー、たまたま目に出来ればいいのですが他人がカバンに付けてるキーホルダーって見ます?あまり見ませんよね。

マタニティマークへの期待

で、妊婦さんはこのマークを付けていることで、周囲の方に配慮してもらいたいな~もらえるだろうな~と期待して外出したり電車に乗ったりするわけですが、普通に分からないんですよね、マタニティマークの存在にみんながみんな気が付かない。

私もお腹が出ていない妊娠3か月の時にマタニティマークを付けて電車に乗ったことがあるのですが、そこそこ混んでいたにもかかわらず誰も譲ってくれない。

そして「譲ってくれない」と思ってしまうのがマタニティマークの怖い所なのではないかと思うのです。

気付いてもらえたらラッキー

あのちっちゃいちっちゃいマタニティマークのキーホルダーに過度な期待を乗せてしまうと、自分の精神がしんどいというデメリットが出てきてしまうんですよね。そもそもマタニティマークの存在を知らない人もいるわけで、これを付けたから安心!と思って出かけてしまうと妊婦と他の人との意識のギャップに苦しんでしまう。

だからマタニティマークは、配慮してもらえたらラッキー!ありがとう気付いてくれて!くらいの気持ちで使うしかないものなのかなと。あれがもっと周知されて優しい世界になったら嬉しいですが、妊婦さんに限らずその他ハンディキャップを抱えている人(特に見た目では分かりにくい人)にとって周囲の善意の気配りというものは、あくまで善意であって義務ではないということが、どうしても付いて回る問題だと思うのです。

つくづく思うのが配慮してもらえて当たり前になってはいけないな~とマタニティマークを付けていて思ったことです。優しくしてもらったらその時は感謝の気持ちを述べて、ああ気付いてもらえてよかったな嬉しいなと思うし、気づいてもらえなくても当たり前。あまりマタニティマークに期待を乗せすぎないようにしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA