子どもの名前を誰でも読める名前に決めた理由

子どもの名前を考え終えています。というか性別が分かる前から男女どちらも主人と話し合って決めていた気の早い夫婦でした。

出生届が生まれてから14日以内に提出しなければならない…う~ん退院後はかなりバタバタしているだろうし、名づけどころじゃない!とかになったら困る。

ということでかなり早い段階から雑談程度に主人とお互いの意見を出し合ってきました。

スポンサーリンク

子どもの名前の決め方

一般的に名前を決める基準として、

  • 音の響き
  • 季節や思い出からの連想
  • 漢字からの連想

等々様々な方法がありますね。

あと姓名判断も一つの判断基準ですが、私自身が姓名判断師が決めた超幸運の名前なのですが、それほど効力を感じてはいないので自分の子どもの名前は特に画数等は気にしませんでした笑

まずはスタンダードに音から決めようということで、意見を出し合いました。

  • 主人は母音が「あ」で終わる音が響きが良く、呼びやすい、感じがいいとの意見。
  • 3月の春生まれなので春に関連した言葉。

などなど。

あまりこだわりもない夫婦なので話し合いはサクサク進み、大きかったのが夫婦間で共通の名づけ観を持つことが出来ていたこと。そのためかな~りスムーズに、何も揉めることなく決めることが出来ました。

夫婦の価値観が一致

さて、私の苗字もとい主人の苗字ですが、今まで初見の正解者が一人もいないくらいの難読苗字です。(漢字自体は簡単ですが、読みが特殊)

それもあって、子どもの名前を決める際、まず肝となったのが、誰でも間違えずに読めるということ。かわいい、かっこいいなど様々な気持ちが入る子供の名前ですが、私たちは第一がせめて下の名前だけでも他人が戸惑うことがないような名前にしようと思いました。

これが夫婦の共通認識で、読みさえ決まってしまえば後は簡単な、何通りも読み方があるような字を選ばなければ良いだけなので漢字の決定も早かったです。

で、結局性別は男の子だったのですが、誰でも間違うことがなく読みやすく、漢字も小学校低学年で習う漢字になりました。

キラキラ、しわしわ…

最近色々話題に上ることが多い子どもの名づけ問題。マタニティハイで変な名づけをしそうになったら殴って目を覚まさせてくれ!と周囲に笑い話で話したこともありました。

しかし妊娠中は子どもを慈しむ気持ちがそこに現れやすいから、変な名前は悪しきもの、と言い切るのも気持ちが分かるだけに複雑です。

しかし私は結婚してから、主人は生まれた時から、読めない名前で苦労をしてきたので、そこを子どもに対して最大限配慮できたら、と考えた結果納得できる名づけになりました。

親が子どものためを本当に思って名づけたら、特に特別な名前でなくてもいいのではないか、そう思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA