妊娠中の冷えに! 『レンジでゆたぽん』

我が家の暖房器具はエアコンとホットカーペットです。
上半身はエアコン、下半身はホットカーペットで温めているわけですが、我が家のホットカーペット、少しバカで出力「弱」なのに焦げるくらいアツアツにしてしまう極端なやつです

寒い日には丁度いいのですが足先がちょっと冷えるかな~?くらいの日には極端すぎるカーペットではなんとなく過ごしづらい。そもそもホットカーペットの電気代って結構高いのでできるだけ使わない方が節約の面でもありがたいわけです。

なんかいい方法ないかな~と思いあぐねていると、湯たんぽのことを思いつく
これならいつも下半身に巻き付けてるブランケットの中に入れていたら結構温かくなるのではないか。

スポンサーリンク

湯たんぽの種類別メリット・デメリット

湯たんぽについて調べてみると、色々種類がありました。お湯を入れる昔ながらのもの、電気で充電して使うもの、そしてレンジで温められるお手軽なもの。3種類の特徴は次の通り。

お湯式湯たんぽ

  • メリット 温かさが長時間持続
  • デメリット お湯を沸かす手間がある、重い

電気充電式湯たんぽ

  • メリット コストが高い
  • デメリット あらかじめ充電しておく必要がある

レンジ湯たんぽ

  • メリット 手軽に温められる、軽い、安い
  • デメリット 温かさの持続時間が短い

求めているのは「手軽」で「安い」もの。がっつり暖房器具として使うわけではなく、あくまで補助的に温かければOKなので簡単に使えるものが理想です。色々考えた結果、レンジで温めるタイプを購入することに。

レンジでゆたぽん

商品紹介

電子レンジでチンするだけで、心地よい温かさになります。・冷たい足もとをしっかり温めます。・やわらかくて気持ちいいジェルタイプの湯たんぽです。・温かさは約7時間持続します。(ふとんの中で使用した場合の目安です。外気温や使用方法により持続時間は異なります。)・洗える専用ふわふわカバー付きです。・くり返し使用できます。

ドラッグストアで700円程度で買いました。他のタイプの湯たんぽは安くても1,000円は超えるのでコスパ良し


こんな感じで中身のジェルと、ふわふわのカバーが入っています。ジェルは2重の袋に入っているので万が一破裂しても漏れないようになっています。

さっそくレンジでチンしてみることに…加熱時間は500Wで3分10秒、600Wで2分40秒、1000Wで2分と書いています。

温めが完了したらカバーに入れます。あれ?あんまり温かくない…?不安を抱きながら膝にしばらく乗せてみる。
おお、じんわり温かくなってきました

ゆたぽんの使用感

ジェルなので柔らかくて気持ちいです。ソファーに座って足をゆたぽんの上に乗せてむにむにしているとじんわり温まっていき、気持ちいい。

軽いのでお腹や腰など温めたい場所にピンポイントに当てやすいです
寝るときに布団に入れればいい感じでほどよくじわじわあったかいのでとても気持ちいい。

ゆたぽんは種類が豊富

今回購入したのはノーマルタイプとは別に、肩・首用と大きいLサイズ、さらに足を重点的に温められるスリッパタイプがあります。

ノーマルの使用感がとてもよかったので他の種類も期待できそう。

一つだけ気に入らない点があるとすれば、カバーがかわいくないこと。リラックマのカバーがあるみたいですが、あまりキャラもの好きではないので、できればシンプルでもう少し淡い色のカバーが欲しい…!このオレンジのカバー、肌触りふわふわでとても気持ちいいのになぜこんな蛍光オレンジにしたんだ…!!

ともあれゆたぽん導入で、快適な冬の妊娠生活が過ごせそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA