調理時間の大幅短縮、離乳食にも!『ニンジャチョッパー』を購入 ※産後レポあり

あまり手先が器用ではないので、調理の際に何が一番嫌って『みじん切り』

一回大きく切って、揃えてもう一回切って、もう少し細かくしたいから入念に切って…と、毎回とても時間がかかってしまいます。

いつも切っているうちにこの工程に飽きて、もうここを早く終わらせて練ったり炒めたりしたいんだけど!?まだ!?みたいな感じで一人キレてます。

産後の料理の際にこんなまどろっこしいこといちいちやってらんないよなあ…と考えていると、そうだフードプロセッサーという便利なものがあるじゃないか!と思い当たる。

子どもの離乳食もいずれ作ることになるし、時短できるし~、なんて言い訳のもと、いい感じのフードプロセッサーを探すことに。

フードプロセッサー探しの条件

  • 10,000円以下
  • かさばらずコンパクト
  • 洗いやすい(かつ食洗器対応)
  • 操作が簡単

家電量販店を何店舗か周り、説明書を読み込んだり店員さんに聞きまくる。

条件を満たすものとして提示されたのが「ニンジャチョッパー」でした。

スポンサーリンク

ショップジャパン ニンジャチョッパー

4枚刃×高速モーターで どんな食材もカット!

まだ包丁でみじん切り?手作りソースに何時間も?そんな、お料理の手間や時間は「ニンジャチョッパー」で一気にカットしちゃいましょう!ヒミツは2段4枚刃の「マルチレイヤーブレード」。毎分2万9000回転の高速パワフルモーターで、どんな食材もシャキ~ンとすばやくカット。ダマにならず、ムラなくキレイに仕上がります。これ1台でお料理の幅がグンと広がります。

公式サイトより

ショップジャパンといえばテレビショッピングのあそこですよね。

「ショップジャペェァーン」っていうやつ。

食洗器に対応している、大きさもコンパクトでキッチンの引き出しに入る(幅140mm×高さ245mm)、操作はボタンを押すだけ、価格は近所の家電量販店で6,000円程。

おお条件を満たしている~!ということで購入しました。

コンパクトボディーに抜群の切れ味!との謳い文句に期待が持てます。

みじん切りミンチピューレができるみたいです。

我が家にはすり鉢がないので、代わりに離乳食作りに役立ちそう。

ニンジャチョッパーの使い方

私が一番みじん切りが嫌な野菜、玉ねぎでまず使い心地を試してみることにしました。何が嫌って私の涙腺が人一倍過敏なのか、1個玉ねぎを切り終えるまでに3回くらい洗面所に目を洗いにいかなくてはならず包丁だと全然はかどらないからです。

まず玉ねぎを容器内に入るように大雑把に切ります。だいたい2cm角くらい。

多少大きくても容器に入ればOKでした。

玉ねぎ1個分でこんな感じです。

蓋をしめて、モーターを乗せ、スイッチをいれると…

秒殺。

時間にしてわずか3秒。

ニンジャチョッパー使用のコツ

スイッチを押すだけと簡単なので、ついつい調子に乗ってウインウイン押してしまうのですが、あんまり押しすぎるとおろし玉ねぎになります笑。

中の様子をみながらスイッチをこまめに押すといい感じに好み大きさのみじん切りができます。

ちなみにお手入れ方法ですが、こんな感じで各部のパーツが分かれています。

上部のモーター以外は食洗器に対応しているので食洗器をお持ちの方はそのままぶち込めばOK。手洗いの場合はブレード(刃)の扱いに気を付けてください。不用意に触ると指を怪我します。

ニンジャチョッパー 評価

購入前に考えていた条件をすべて満たしたうえでとても使いやすく調理の際の主戦力になりそうです。特に力を発揮できそうな料理が餃子で、これでミンチもできるし、餡の野菜のみじん切りもできるしで大幅に時間が短縮できそう

あと地味に嬉しいのが、刻んだ野菜が保存できること

使用の際はこの蓋を開けてモーターを取り付けるのですが、みじん切り後、歯を外してこの蓋を閉めると保存容器になります。すぐに使わない場合はこのまま冷蔵庫へIN。地味に便利です。

離乳食に使うのはまだまだ先になりそうですが、離乳食作りまでにしっかり使い込んでマスターしようと思います。いや~買ってよかった~!

産後レポート

妊娠中の料理に大いに役立ってくれていたニンジャチョッパー。息子5か月で始まった離乳食作りにも使えました

特に効果を発揮したのは10倍粥

お鍋で炊いた10倍がゆをニンジャチョッパーへ入れ、

10秒程回すと、こんな感じ。

少し粒が残るくらいのポタージュ状になります。

始めはこの状態から更に裏ごしして食べさせていましたが、月齢が上がり離乳食に慣れた頃には裏ごしなしであげるようになりました。

ちなみに野菜も同じくピューレ状にすることができましたが、ある程度の量がないと上手く細かくしてくれません。

離乳食初期は1種類の野菜を大量に細かくしてストック!ということはしないので、しばらく野菜では使いませんでした。(離乳食初期は色んな野菜を少しずつ与えていくので、例えばニンジンだけ1週間分大量に作る、ということはないんですよね)対してお粥は毎日与えるためある程度の量のストックがいるため一度に作る量が多く、ニンジャチョッパーが活躍します。

おかゆにも野菜にも、離乳食の食材全般でニンジャチョッパーが活躍するようになるのは7か月以降かなと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA