里帰りしないワンオペ育児の事前準備 ~ベビー服の水通し編~

ベビー服も購入し、出産までに一度水通し(洗濯)をしなければならないのですが、もう一個その前に洗濯機の掃除をすることに。

だいたい我が家はいつも半年に1回くらい酸素系の洗濯槽クリーナーを使って洗濯機のカビ取りをしています。しています!(ドヤァ)と言いましたがそんなことをやり出したのは実はここ1年程。

普段洗濯機に生えているカビは見えないので、毎日洗剤でざぶざぶしてるから綺麗なものだと思っていましたが、初めて洗濯槽クリーナーを使った時の衝撃と言ったら…。

そうワカメ地獄です

使ったことのある方なら分かると思いますが、洗濯槽クリーナーを使うと内部のカビが細かく剥がれ落ちてさながらワカメのように浮かんできます。洗濯物に付着し出したら裏側にかなり潜んでいるサイン。

服に付いたカビは気持ち悪いわ取りにくいわ、そもそも長期間掃除しないと次回の掃除が大変なことになることを初回で学んだので、余裕がある時はなるべく使うようにしています。それでも半年に1回ですが…。(メーカー推奨は3~4か月に1回)

スポンサーリンク

効果的な酸素系洗濯槽クリーナー使用手順(我流)

いつも我が家で使っているのはエールの洗濯槽クリーナー。いっぱい入っていますがこれ一袋で1回分です。

①クリーナーを使う日は湯舟にお湯を溜めてお風呂に入る。

②酸素系洗濯槽クリーナーを洗濯槽へ入れ、残り湯ホースで湯舟のお湯を吸い上げる。

③高水位の洗いのみのコースにして洗濯機を回し、一晩放置する

④次の日の朝、洗い➾すすぎ➾脱水と通常のコースで洗濯する。

基本的な流れはこんな感じなんですが、漁獲量が多い日はカビが取り切れず最終的に大量のワカメが洗濯槽にこびりついているという悲惨な最後になります。

ワカメ取りのポイント

  • お湯での浸け置き時に浮かんでいるカビを網などですくう。
  • 通常モードで回している時にも浮かんでくるのでこれも網でひたすらすくう。
  • ある程度カビをすくったら要らないタオルを2枚ほど投入する。

目に見えるカビはひたすらすくう&タオル投入によってタオルにカビが付着して取れやすくなります。ここまでしても取り切ず、洗濯槽に残ったカビは雑巾で取って、きれいな水をバケツで流して最後に雑巾で吹き上げて完成!…と思いきや。

水通しの前に、ちょっと待った!

一見綺麗になった洗濯槽ですが、次に洗濯機を回した際に洗濯物に取り切れなかったカビが若干付着することがあるので、クリーナー使用後にすぐベビー服を洗うのではなく、2~3回自分たちの服を選択しておくことをおすすめします。

後は天気の良い日にベビー布団のシーツ、肌着、ベビー服、ガーゼ等を一斉洗濯しようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA