最低限の入院セットとかかったお金

妊娠も後期に入るといつ何時何が起こるか予測がつかないので、おおよそ妊娠8か月頃に皆さん出産準備をされる方が多いと思います。私も30週を迎え、なんとかかんとか一人で準備を終えることが出来ました。

用意した準備品は二つにまとめて、いつでも持ち出せるようにしています。

小さいトートバッグの方は病院からすぐ出せるようにしておくように、と言われたものを入れています。(母子手帳・診察券・履物・産後用パジャマ(ひざ丈で前開きのもの)・各種必要書類)

スポンサーリンク

最低限の入院セット

産院から用意するもののリストを渡され、それに則って準備しました。
際限なく予算があれば店舗であれこれ一気買い!ができるのですが、こちとら1馬力+住宅ローンの重みに耐えている家庭ですので吟味と厳選、取捨選択が必要となってきます。

家に元々あるものが多かったので、最低限必要そうなものだけ購入しました。足りないものがあるかもしれませんが、その場合は主人に頼んで持ってきてもらうことにします。

パジャマ(数枚)…うち1枚はひざ下丈で前開きのもの。

  • ひざ下丈前開き上下(メルカリで購入:1555円)
  • ひざ下丈前開き上下(メルカリで購入:1300円)
  • 普通丈上下(手持ちのパジャマ)

1枚は産前から着用していた前開きの上下パジャマと、ひざ下丈のものは持っていなかったのでメルカリで購入。計3枚を用意。

履物(履きやすく脱ぎやすいもの、底の滑りにくいもの)

クロックスでOKと助産師さんから聞いたので、我が家にあったベランダ用のクロックスもどきを綺麗に洗って使用することに。

生理ショーツまたは産褥ショーツ2枚以上

  • 産褥ショーツ4枚(2枚セット1199円:西松屋で購入)

母乳パッド

  • 母乳パッド(120枚入り980円:ドラッグストアで購入)

店頭に大容量120枚入りしかなかった…。とりあえず10枚程度持っていきます。

タオル・バスタオル

  • フェイスタオル2枚
  • バスタオル2枚

枚数指定がなかったのでかさばらないように最低限の枚数を入れました。

授乳用ブラジャー数枚

  • 授乳用ブラジャー4枚(2枚セット1199円:西松屋で購入)

ティッシュペーパー

ボックスティッシュを1箱とポケットティッシュを2個用意しました。

洗面用具一式

  • くし
  • 歯ブラシセット
  • シャンプー・リンス・トリートメントセット(ドラッグストアで購入:350円)
  • 洗顔フォーム(ドラッグストアで購入:180円)
  • メイク落としシート(ドラッグストアで購入:300円)
  • ボディソープ(ドラッグストアで購入:180円)
  • オールインワンジェル(ちふれ)(ドラッグストアで購入:800円)
  • 髪の毛をまとめるシュシュ&クリップ


こんな感じで100均の透明ポーチにまとめています。

化粧品ポーチ

  • アイブロウ
  • BBクリーム
  • アイライナー
  • ビューラー
  • マスカラ
  • アイシャドウ

陣痛対策グッズ

  • ペットボトルのふた(ダイソーで購入:100円)
  • うちわ

財布

かさばらないよう、小さいコインケースにお札と小銭を入れました。

コップ

筆記用具

保険証

印鑑

入院セットにかかった金額は…

ここまでが病院から渡された入院準備リストにあったもの+αの私に関する準備品です。

新たに購入したものの金額合計は11,521円でした。

多めに購入しているものもあるのでもう少し削ろうと思えば削れそうでしたが、いかんせん初産のためとりあえず無いよりあるほうがいいだろう!という気持ちでお買い物しています。

それでも何店舗も値段を比較してできるだけ安く購入しました。
近所のドラッグストアがベビー用品にかなり力を入れている店舗のため助かった…。

もう少しで子どもの準備品の準備が完了しそうなので、また記事を書こうと思います。準備のための買い物楽しいけど疲れる~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA