妊娠後期の不調は後からやってくる説

you86_ninpusan_tp_v1

発症してからというもの歩けば痛み、座れば痛み、立ち上がれば痛んでいたわたしの坐骨神経痛。急遽間に合わせで購入した犬印本舗の骨盤ベルトのおかげでほぼ痛みなしになりました。やったー!(購入した骨盤ベルトの記事はこちら→坐骨神経痛のために骨盤ベルトを購入
発症時と同じように無理な体制(四つん這い)を長時間続けたり、普段しない動きをするとまた痛みが出てきそうなので無理をしない程度の運動量を心がけるのが肝でしょうか。多少は動かないと筋肉も衰えるしなにより脂肪が付いちゃうので日常的な散歩や家事は今まで通り頑張ります。

スポンサーリンク

妊娠後期の不調は後からやってくる説

妊娠後期の身体の変化ってお腹の大きさに気を取られてしまって、見えないところで骨盤は開いているし、子宮は胃を圧迫しているし、症状が出てから変化に気付くことが多いです。今まで順調だったから~♪と普通に動けてもそれは一時的なもので、産後の準備のために買い物に行ったり家の片づけをしたりとやることはあるのですが、一気に頑張ってしまうと後々不調が出てきてしまうので本当に油断禁物。妊婦の自覚をもって無理しないようにぼちぼちやらねばいかん!と痛感しております。

今の時点で痛みを感じなくなったとはいえ坐骨神経痛、胃の膨満感、頻尿、時たま妊娠性痒疹(体のかゆみ)、となかなかに色々持ってる状態です。

坐骨神経痛は骨盤ベルトで抑え、胃の膨満感は小分け食べを心がける。かゆみはボディクリームに加え、保湿力の高いボディソープや入浴剤を使っていたらかなりマシになりました。

もう何がやってくるか分からないので(そもそも初産でただでさえ情報を持っていないし)その都度不調に立ち向かっている感じです。面倒くさがりのズボラですが、不調を放置していると後々後悔しそうなので面倒でも早めに対策を講じるようにしています。

8か月に入るとお腹が重い

不調とは別に、ただ動くだけでなんだか体が重い、そして寝るときの態勢も仰向けよりは横向きの方が落ち着くようになってきました。鏡で自分の身体を改めて見るとで、でかいなあ…と感心してしまうお腹の大きさ。これがまだまだ大きくなるだなんて完全に未体験ゾーンなので信じられないです。重心が前にかかって転倒しやすくなるので動きもゆっくり、せかせかしないようにしなければ。

さああと出産まで2か月半ほど、無理しない&自分の体を過信しすぎないようにします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA