聖夜の坐骨神経痛

pak151217239120_tp_v1

妊娠中の分かりやすい体の不調といえばつわりですが、妊娠中期以降は特に日常に支障が出るほどの体調変化はなく油断してしまいました

スポンサーリンク

動きすぎて坐骨神経痛になる

ぼちぼち年の瀬なのでお腹があまり出ないうちに大掃除をちょっとずつしていこう、と思い立ってまずは汚れがちなお風呂掃除からすることにしました。

以前書きましたが(「お風呂掃除をサボるための救世主」)普段のお風呂掃除は防カビくん煙剤のおかげであまりカビが発生しないので、湯舟や蛇口周りをバスボンくんとマイクロファイバータオルでサッとこするだけにしているのですが、排水口や風呂場床タイルの目地のちょっとした汚れが気になっていたのです。

転倒しては一大事なので四つん這いになって床をこすり、湯舟は手すりをしっかり持って万全の態勢で掃除をして、無事お風呂はきれいになりました。

が、

その後夕ご飯後にくつろぐためにごろんと寝転がったが最後…

起き上がれなくなりました…

お、おしりに電気が流れる…!痛い!
調子に乗って色々動きすぎたせいか坐骨神経痛の洗礼を受けることになりました。

妊娠も後期に入ってから、時折立ち上がる際や歩いている時に「ピキッ」と痛みが一瞬走ることはたまにありましたが、起き上がれなくなるなんて思ってもいなかったので軽くパニック。

しかも今日はよりによってクリスマス。

なんて日だ!

とりあえずググる

妊娠中に腰回りに痛みを感じる理由としては、

  • 体形が変わる
  • ホルモンバランスの変化
  • 内臓の疲れ
  • 自律神経の乱れ
  • 骨盤の緊張

等々、様々な理由があるそうです。そしてほうっておくと悪化してしまうと…。もう調べている途中でガクガクブルブルな情報が出てくる出てくる。

対処法としては冷やさないこと、適度な運動で筋力をつけること、無理をして動かないこと、などなど。

どうにもならなければ医者や整体に行くことも考慮して、その日はひとまずお尻を温めながら動かず回復を待つことに。

次の日…

動いたときに軽く痛みは出るものの、なんとか立ち上がれるようになりました。ピークの時は椅子にも座れなかったので、改めて坐骨神経痛の怖さを知りました。

つわりが終わってから体のかゆみや頻尿などの症状はあったものの、日常生活を脅かすような大きな不調は今回が初めてだったのでかなり焦りました

ましてやこの痛みを放っておくと産後動けなくなることもあるようで、里帰りしない身としては死活問題にもなってきます。

骨盤ベルトを購入することに

産後の骨盤矯正のために元々購入予定品の中に骨盤ベルトは入れていましたが、あくまで産後に使うもの~と思っていたら予定外に必要になり、早々の購入を決めました。

当初購入を予定していたのはワコールの骨盤ベルト。

口コミを見ると付けやすい、付け心地がいい、着脱が簡単とのことだったので煩わしくなさそう!と思って。

しかし今回の坐骨神経痛を受けてより評判の良いトコちゃんベルトを購入することに。

妊婦界では有名なベルトですが、着用方法が難しそうで敬遠していました。しかし今回の痛みの度合いを考えると悠長なことは言えない状況。

着用してからの感想はまた記事にしようと思っています。

妊婦という自覚

しかし、身に染みて分かった。私妊婦の身体を完璧にナメていました

妊婦の自覚というものがどうも薄れがちだったので、妊娠前と同じようについつい動いてしまう。

しかし後から不調はやってくるということを今回嫌というほど学んだので、これからは無理はしないことにします。こ、怖かった…。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA