妊娠中に読みたいおすすめ推理小説

img_9742

推理小説が大好きなんです。世代的に「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」を愛読していたのですが、その影響で密室殺人とか絶海の孤島での連続殺人とかが大好物になりました。
妊娠中、特に専業主婦で家にこもりっぱなしだと本当に刺激がないので、その点推理小説はいいカンフル剤になり得ると思います。時間もある程度つぶれますし。

というわけで独断と偏見のおすすめ推理小説をご紹介。
ちなみにド定番中のド定番のタイトルばかりなのでミステリオタクの妊婦様にはもっとコアなの紹介しろよクズ!と思われるかもしれませんが、ミステリ入門編と思っていただければ幸いです。

十角館の殺人 綾辻行人

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

仮面山荘殺人事件 東野圭吾

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。

七回死んだ男 西澤 保彦

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どうしても殺人が防げない!?不思議な時間の「反復落し穴」で、甦る度に、また殺されてしまう。渕上零治郎老人ー。「落し穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは。

慟哭 貫井 徳郎

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけて懊悩する。異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内に不協和音が漂う一方、マスコミは彼の私生活に関心をよせる。こうした緊張下で事態は新しい方向へ!幼女殺人や怪しげな宗教の生態、現代の家族を題材に、人間の内奥の痛切な叫びを、鮮やかな構成と筆力で描破した本格長編。

どの作品もページをめくる手がとまらないこと請け合いの、ひとひねりあるストーリー展開の作品ばかりです。
ちなみに私は犯人が分かって衝撃を味わうのが好きなので全く推理せずに読み進めますが、ご紹介した作品は全て推理ができ犯人当てが可能なので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA