無痛分娩を諦めた話

you86_ninpusan_tp_v1

私は子どもは欲しいけど陣痛、分娩の痛みが怖すぎて産むならば絶対に無痛分娩と決めていました。特に出産方法にこだわりもなかったので、単純に痛みが無くなる方法にとても魅力を感じていたからです。

妊娠後無痛分娩の病院を探すと、車で5分の近所の総合病院で計画無痛ですが取り扱いがあることが判明。

ちなみに他の無痛取り扱いしている病院を探しましたが、通院距離が1時間と遠いですが、24時間の完全無痛の病院が2件ほどありました。しかし利便性を考えるとやはり近くの病院の方が現実的なため諦めました。

スポンサーリンク

計画無痛分娩とは

「計画分娩(誘発分娩)」とは、分娩の日取りをあらかじめ計画的に決め、陣痛が始まる前にお薬を使ったり処置を行って陣痛を起こすことです。

すなわち自然の陣痛を待たずに、子宮の出口への処置や点滴からの薬を用いて分娩を進行させます。日本では、無痛分娩は計画分娩(誘発分娩)で行うという施設も少なくありません。

自然に陣痛が来て、お腹が痛くなったときに硬膜外無痛分娩を始められればよいのですが、現在の日本では365日24時間硬膜外無痛分娩に対応できる体制が整っている施設ばかりではなく、限られた曜日や時間帯にしかできない施設もあります。

そこで希望している妊婦さんがなるべく硬膜外無痛分娩を受けられるように、計画的に分娩を進める場合があるのです。

(日本産科麻酔学会HPより引用)

無痛分娩の希望を伝える

さてその近所の総合病院にかかることに決め、助産師検診で無痛分娩希望を伝えました

が!…あまりいい顔をされませんでした。むしろ無表情でさらっと怖いことを言われる。

「自然なお産にならないよ」(タメ口)

ええー!?初産で分からないことだらけだから、医療関係者の観点から、メリットデメリットを詳しく説明してくれるならいざ知らず、その助産師さんはその一言だけ告げると、

「まあ後で先生に相談してみたら?」

とサラッと流されました。不安感を煽っといて説明は医師に丸投げかーい!
この時点でこの助産師さんにいい印象を持たなくなる。
その後主治医の先生に改めて無痛分娩について質問したところ、否定的な意見は出ず、希望するならば妊娠9か月頃にまた改めて意思を聞くので申し込みをしてね、とのことでした。
デメリットについて聞くと

  • 初産の場合はお産の時間が長引く可能性がある
  • 吸引、鉗子分娩の可能性がある
  • この病院では麻酔医がいる平日の日中しか施術できないので計画無痛分娩になる

とのことでした。この時先生の説明を聞いて、胎児には影響がほとんど無いことを聞き、やはり無痛で産もうと思いました。

助産師さんの言葉が引っかかる

しかし家に帰ってから助産師さんに言われた「自然なお産」という言葉が妙にひっかかり、
無痛分娩を始め、普通分娩、帝王切開、吸引分娩と…様々なお産の形について調べまくりました。

そしてあらゆるお産の形を調べた上で、それでも私は無痛分娩で産みたいと思いました。それは無痛のデメリットを上回ってメリットがあると考えたからです。

私はとある事情で里帰り出産ができないため、産後に人のサポートがさほど受けられない状況です。

無痛分娩にすると産後の回復が早いという話があり、一人育児のせめてもの助けになるのではないかと思いました。また、前述した通りものすごく心配性のビビりなので、直前に分娩が怖くなり精神的に不安定になる可能性も避けられる事は私にとって、とても魅力的でした。

結局…

しかし、無痛分娩について調べて納得したにも関わらず、結局今では普通分娩に決めました。
ずっと助産師さんの言葉が引っかかって、何が子どもについて一番いいのかが分からなくなってきたからです

悩んでも調べても初めてのことだし、人の意見を聞いてもそれぞれでお産は全く違うもの。迷っているならばこだわりを捨て、一度普通分娩で産んでみよう、と考えを柔軟にしてみました。

もちろん痛みが怖いのは変わっていないのでそこはかなり憂鬱ですが、考えて悩んだ上での結論なので、将来後悔しない考えを優先しました。

無痛でもお産はお産、そこに格差も貴賤も何もないと考えています。いずれ第2子を授かることがあればまた同じように悩むと思いますが、その時の自分の判断を信じてみたいと思います。

だが助産師、貴様は許さん!おぼえてろ!

願わくば次は違う助産師さんでありますように…。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA