妊娠中に美容院に行った話

gahag-0027476335-1

産後に美容院に行くのは不可能そうなので今のうちに行っておく作戦を決行しました。
失敗しないように事前に髪形のメリットデメリットを考えてひとまずイメージトレーニングをすることに。

スポンサーリンク

妊娠中のヘアスタイル

選択基準としては
・セットが楽
・伸びっぱなしで放置していても見苦しくない
の2点です。(ズボラ基準)

ショート

メリット
・髪の手入れが楽。
・洗髪→乾かす時間が最も短い。
デメリット
・ショートに慣れていない、特に癖があるとセットが難しい。

ボブ

メリット
・比較的髪洗髪が楽。
・アレンジが可能
デメリット
・授乳する際、おんぶする際、髪の毛が邪魔になる。
・髪の毛が顔にかかるとうっとおしい。

セミロング

メリット
・女性らしく、また邪魔な時は一つにまとめられる。
デメリット
・多少洗髪→乾かす時間が長い。
・中途半端な長さだと髪の毛が跳ねやすいので手入れに時間を取られる。

ロング

メリット
・髪型のアレンジが豊富。
・邪魔であれば一つに束ねることができる。
デメリット
・髪の毛を洗うのが面倒、さらに乾かすのにも時間がかかる。

今の長さはセミロングとロングの間くらいの長さだったのですが、最終的に肩の高さのセミロングにすることにしました。ショートに慣れていなかったので、ある程度扱いやすく結ぶことができる長さが無難だと思ったからです。

カラーやパーマの影響

雑誌やネットの情報を色々と調べましたが、

・カラー剤やパーマ剤が胎児に影響を与えることは医学的にない

・強い薬剤だとかぶれるので、使用しないよう配慮してもらう

とのことなので、自己責任でカラーの施術してもらうことに決めました。

カラーについては今まではやや明るめの茶色だったのですが、このままだと美容院に行くことができなくなる産後は根元プリンの可能性が大
なのでほぼ黒に近い暗めの茶色に染めてもらい、髪が伸びてきてもなるべく地毛との境目が分かりにくい色にしてもらうことに。

いざ美容院へ

初めての美容院だったこともあり、予約時に妊娠中の旨を伝えました。カラーの薬剤等、美容院側で配慮してもらうことがあったらして頂きたいな~と思ったからです。

ちなみにつわり中の妊娠初期は美容院の薬剤の匂いで気分が悪くなる可能性があるらしいので、私は安定期に入ってから美容院の予約をしました。

当日ですが、妊婦さんの髪形についてスタイリストさんと話し合いました。スタイリストさんは女性の方。やはり扱いやすいボブやセミロングにする人が多いとのこと。ふむふむ。

ということでやはり当初の予定の通りセミロングに整えてもらうことに。

オーダーが終わると、

「妊娠何か月~?」

「いつ産まれるの~?」
などなど妊娠トーク。所々で体調を気遣っても頂けたので、やはり妊娠中と伝えておいてよかった!

産後は髪の毛が傷みやすいと聞いたので、ついでにカットとカラーの他にがっつりトリートメントもお願いしました。余裕があれば産まれるまでにトリートメントだけにこまめに通うのもアリかも。

美容院に行った結果

結果として、事前のイメトレが功を奏し産前最後の美容院は満足な仕上がりになりました。
スタイリストさんが女性だったので妊婦への配慮をかなりしてくださったのも嬉しかったです。

妊娠中は今まで普通にしていたことにどんどん制限がかかり、何をしていいか悪いかの判断が難しいものがたくさんあります。美容院もその一つで、体調を考えてあまり無理をしないことと、美容院に事前に知らせておくと向こうもサービス業なので結構配慮をしてくれるということが今回分かりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA