妊娠中のかゆみ 妊娠性痒疹になった話

img_0275

妊娠6か月に入ってから、お腹や背中、胸周りに小さく虫刺されのようなポツポツが出るようになりました。
そしてこれ、とても痒いので掻いちゃうのですが、掻くと段々と範囲が広がっていく…。もともと寒い時期は乾燥しやすく痒くなる体質だったのですがここまで痒くなることは今までなかったので、調べてみるとどうやら妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)のようです。

スポンサーリンク

妊娠性痒疹とは

簡単に言うと妊娠中に手足や体のいろいろなところに発疹ができ、強いかゆみをともなうもの。原因は詳しく分かってないようですが、どうやらお腹の赤ちゃんに影響はないようです。よかった~。丁度痒みがお腹と背中に出た時に、妊婦健診があったのですが薬を処方してもらえるようです。私は一応様子見で、ひどくなったら処方してもらおうと思っています。

自分でできる痒み対策

薬以外にも、調べてみると保湿が有効とのこと。痒いところにニベアやソンバーユなどのクリームを塗ると少し収まりました。そして当たり前だけど掻き毟らないこと!
掻いたことにより組織が壊れると痒みが広がったり、出血して跡が残ったりいいこと無しなので我慢!
妊娠性痒疹以外にも多形妊娠疹(PUPPP)や妊娠性疱疹といった似た症状もあるようです。ひとまず痒みが出たらお医者さんに相談してみて下さいね。
それにしてもつわりから始まり次から次へと妊娠前とは違う体質に変わっていっている実感があります。
子ども一人を自分のお腹の中で育てるために日々体が作り替えられているのだな…。人体の不思議ですね。妊娠に実感が伴うのは母親の特権と思って対応していこうと思います。
しかしただでさえマイナートラブルに悩まされがちな妊娠中、できるだけストレスなく過ごしたいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA