おすすめエッセイ漫画 「れもん、うむもん!」

育児本は数あれど、活字のみだとなかなか読む気にもなれないのが難点。
しかし昔っから漫画っ子なので、エッセイ漫画だったら読みやすいし「あー、これあるある」と感情移入もしやすい。
私が読んで色々考えさせられた妊婦漫画がこちら↓

スポンサーリンク

れもん、うむもん! はるな檸檬

内容(「BOOK」データベースより)
つわり、胎動、分娩、母乳…思うようにならない自分の体、初めて命を預かることへの緊張。ママとして最善のことをしたいのに、できない―。贅沢な悩みだと分かってるけど、シアワセだけじゃ産めません。

育児エッセイ漫画の金字塔「ママはテンパリスト」の東村アキコ先生のアシスタントだったはるな檸檬さんの妊婦生活を綴ったエッセイ漫画。

私は果たしてちゃんと母になれるのか。思いがけずやってくる「妊娠」という事実に翻弄される妊婦の葛藤を描いています。

妊娠中に湧き出てくる、少しだけ後ろ暗い感情。妊娠前と急速にガラっと変わる自分の身体の変化への戸惑いや母性への疑問。リアルな妊婦の感情を冷静に分析していて、女性は妊娠したと同時に母親になるのではなく、自分の気持ちを1個ずつ乗り越えて母親にゆっくりと変わっていくのだなあと思いました。

待ち望んで、大切で、幸せでという気持ちが100%で10か月ずっと過ごすことができればよいのだけれど、人間陽の感情だけで生きていくことはできないので、どうしても「」が出てきてしまう。
ホルモンバランスが崩れてそんな「陰」に振り回されてしまうけど、それは当たり前だし今自分が苦しんでいるものと同じ感情を過去誰かも感じていて、それでもみんななんとかに立ち向かっている。(…なんかポエムみたいになってしまった)
最後まで読むときっと強くなれるエッセイ漫画です。
こちらのサイトで4話まで無料で読むことができます。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA