ズボラ妊婦に鍋は救世主かもしれない

今日は主人不在のため、一人鍋を決行。
最近色々な味の一人鍋用つゆが出ててとてもありがたいです。

今日はエバラのプチッと鍋 キムチ鍋

これがあれば簡単にお鍋が出来てズボラにはとてもありがたい。野菜も沢山摂れるので栄養面でも合格。そして何より美味しい

しかし一点失敗…というか次から気を付けようと思ったのが、お肉に豚バラを使ったこと。
脂が多すぎるので、妊娠中はできるだけ赤身のお肉を選んだ方が良い、とは分かっていながら…。

具は豚バラ、壬生菜、白菜、えのき、白ネギ。冷蔵庫の残り物を入れたので肉が一人分にしては多い。大失敗。

妊娠中に食べるべきは脂の少ない肉

脂を摂りすぎると体重管理が失敗しやすく、太りすぎる可能性が。

脂の量は豚や牛は、ばら肉>ロース>もも肉の順、鶏肉はもも肉>胸肉>ささみの順ですね。鶏肉は皮をはずすとより脂質ダウンです。そして調理時に焼く&揚げるより煮る、蒸す方がよりヘルシーになります。
一人ご飯の時は面倒くさくて栄養が偏りがちですが、鍋の調理の楽さはいわずもがな、切って→煮る!終わり!なんて簡単なんだ鍋よ…。
野菜をなるべく食べようと思っていてもなかなか摂れないものですが、鍋だと嵩も減るので他の料理よりも量を食べることができます。また、汁けがあると満腹感も得られやすいので食べすぎも防げます。

しかし鍋の注意点は市販のつゆは塩分が高いことと、美味しいからって〆までしっかり食べたらがっつり過ぎるということ。キムチ鍋だから〆にラーメン投入してチーズ散らしてキムチーズラーメンになんてしてはだめ…。したいけど我慢しました。


妊娠中期の食欲にも負けず栄養管理、体重管理と頑張りたいと思います。うおおー!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA